« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月27日 (木)

クリスマステラリア

おもしろかった!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19682757

2012年12月22日 (土)

『アウターワールド』(1991)

ハッチさんのゲーム実況、どれも面白いですが作オタ的にオススメなのはこれかなぁ↓

フランスのゲームで『アウターワールド』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3249250

人物の動きはたぶんロトスコだと思います。ハッチさんの操作にクセがあるから走りが変に見えるけど、自然に走ることも可能。

youtubeにノーミスクリアの動画もあります。原題は『Another World』。

まだまだ横か縦のスクロールが主体だったであろう時代に、この奥行きのある画面構成と動きは革新的だったでしょうね。

2Dポリゴングラフィックの作品。


最近のゲームの凄いグラフィックに見慣れているにも関わらず、このゲームは見入ってしまう何かがありますね。

ウィキペディアを見たら、「ゲームクリエーターの小島秀夫と上田文人が『影響を受けたゲームのひとつ』として今作を上げている」とありますね。なんか凄そう。いや、私はゲームには詳しくないので二人ともよく知らないんですけどね(^^;

ハッチさんはこのゲームの続編の実況もしています。

山下と博士の友情に感動した!

ただ最後のドライな展開に私は納得いってない(^^;

ハッチさんの実況は他にも『The Immortal』とか、『サイベリア』とか、『ハート・オブ・ダークネス』とかとても面白かったのでオススメです。


『アウターワールド』のスタッフの新作ゲームも出てるんですね。

デザイナーが『アウターワールド』のエリック・シャイ。

http://www.youtube.com/watch?v=gSOQGazo7Oo

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/094/94046/

エフェクトゲームだなぁ。

私のPCはグラフィックボード入ってないからできない(;´Д`)

やっぱりPC作ってもらいたいな・・・。

『龍が如く5』第四部・最終部

四部の主人公は新登場の品田さん。

品田がお気に入りの嬢が40歳とか・・・、熟女好きかぁ。

龍如で珍しいね、と思ったら、むちゃくちゃ美人やんけ・・・!

全然40に見えん。熟女好きでもなんでもなかった。

品田、みるくちゃんと結婚して幸せにしてやりなよ・・・。


借金取りな哀川翔も良かったね笑

一緒に行動できるから、カラオケやプリクラを一緒にしようかと思ったらそれは出来ないのかー!

とても残念だ。

でもバトルは共闘できたので、よしとするか。翔ちゃんが敵を抑えてるときに近くで三角ボタン押せば、協力ヒートもできる!


野球は使用が変わったんだねぇ。

能力が上がるとホームランが簡単に打てる(^-^;

アナザードラマも最後感動したなぁ。・・・やっぱり本編よりアナザードラマの方がストーリーいいよね(;´Д`)


最終部の舞台は神室町。

今までの主人公5人使えるけど、遥を操作できるチャンスは一度きりなので注意。

都会になんて住んだことないのに、神室町にくると郷愁を覚える・・・。龍如のやりすぎ。

ラストはネットで避難轟々だったの見ていたので覚悟してたんだけど、先にハードルが下がっていた分、けっこう良かった気がする。

ラスボスもなかなか強かったと思う。ていうか体力バーの色おかしい(;´Д`)

でもなんでこいつが強いのか謎。

ラスボスの掘り下げが不十分だった感はいなめない。


今回の大吾さんはカッコ良かったなぁ。株がだいぶ上がった。

品田さんと大吾さんの会話がなんか可愛すぎた笑


あとはゆっくりコンプリートしていこうかと思います。

とりあえず遥の亜門は撃破した・・・!

本編のダンスバトルは超簡単なのに、いきなり難易度上がりすぎだろう・・・。

龍如の真のボスって亜門さんなんだもんなぁ。

能力を上限まで上げて、ファンから貰ったお役立ちアイテムを装備して再挑戦。

もう爆弾は気にしないで、とにかくヒートアクションを連発することに賭けた(;´Д`)

私の場合は最初に気分を上げて、後はボーナス特典のヒートを可能な限り連発して勝った。

ミッチーに話しかけてできるフリーのダンスバトルも、本編とは比べ物にならないほど難しい。

乃亜撃破後は、このフリーのダンスバトルでまた戦えるようになります。


コンプリートといえば、キャバ嬢はどうしようかなぁ・・・。

4人は攻略するつもりだけど、秋山さんだけはイヤなんだよね・・・!

今までのシリーズもアフターでカラオケ行ったりはしたんだけど、攻略はしてない。

今回どうしようかな・・・。コンプリート特典のアイテムってなんだろう?

あと神室町に各地のキャバ嬢を集めてくるミッションもあるんだよね(;´Д`)

うーん・・・。福岡のりくちゃんだったらいいかな、って思うんだけど・・・。

いや、まだ大阪は行ってないんだけどね、行ってないけど大阪は評判あんまり良くないな・・・。

これはやっぱりスルーか・・・。特典諦める。

あとサブストのいちごマーヤちゃんもかなり可愛かったなぁ。

いちごマーヤちゃんとの真剣な交際なら良いのに。

2012年12月18日 (火)

『龍が如く5』第三部

第三章の前半の主人公は遥ちゃん。

夏川さんかわええええええええええええええええええええええ!!!!!!

ヤバイ・・・夏川さんが好みすぎる・・・。龍如の女の子の中で一番好きだ・・・。

声と話し方も好き! かわいいなぁ・・・。

顔のバランスが凄く好みなんだよねぇ。こう・・・丸顔といか正方形というか・・・、縦横の差があまりない顔が好き。

目も大きすぎず、これ位が一番ツボ。

アカリちゃん呼びでもいいけど、神々しくてさんづけするレベル・・・。

ダンスバトル終了後の、ミッチーを見上げる夏川さんのご尊顔が美しすぎてヤバかった・・・。

これがアイマスだったら夏川さんを重点的に育てるよ!

次回作にも出てほしいけど・・・、ちょい役だからムリだろうか・・・。

ていうかもっと出番増やせよ! スタッフは間違ってると言いたい(^o^)

遥の親友ポジで、続投希望。


遥のダンスも楽しかったけどね。

早着替えはずるかったね。あの衣装はエーローいー(^^;

でもキャバつくみたいに着せ替えできるのかと思ってたら、それはできなくて残念。

YOKOの修行、オチで色々笑った笑

でも凄く良い話だったと思う!感動した!


お仕事依頼は正直数が多くてコンプするのが大変だった(^-^;

遥はケンカがない分ここが経験稼ぎポイントなのかな?

一つの仕事で得られる経験値を増やして、似たような仕事は削ってほしかった(^-^;

疾走少女とか5回もいらなかった。その上セリフが全部使い回しってどういうこと?

普通の会話の使い回しならいいけど、ここの会話は気持ち悪くて、それが5回も繰り返されるので不快感も5倍増しだった。

こんなのなら夏川さんイベントをもっと増やしてほしかったよ!


本編も王道的な少女漫画で良かった。

朴社長美人やねぇ。カッコ良かった!

でも「あの人」と結婚してたというのは・・・取ってつけた感が・・・(^^;

意地悪なライバルと最後は仲良くなるのは、少女漫画であるあるな展開(´Д`)

遥編は女性ユーザー向きだと思いました。

でも遥が育ってきて、セクハラな内容が増えてきたのが正直ゲンナリ・・・。

そういうのが続くとウンザリもする。

そこは男目線で描いてるから、少女漫画と違うところだと思いました。

制作者の遥萌えが重症なのか・・・。

セクハラ内容が増えるくらいなら男に近づかないで、アカリちゃん達とずっとキャッキャッウフフしてればいいと思うよ!


三章の後半からは主人公に秋山さんも加わります。

はぁ、やっぱり秋山さんを操作しているときが一番落ち着く・・・。

秋山さんのモーションって誰かモデルがいるの? カッコ良すぎるんですけど・・・!

強さは桐生ちゃんか冴島が一番強いんだろうけど、見た目は秋山さんのバトルが一番カッコイイよね!

でも元銀行員が何故こんなに強いのか・・・。秋山さんのスペックが一番謎だ(^^;

秋山さんのダンスバトルは私得でした(^p^)

セクシーだった・・・。どうも本当にありがとうございました。

でも秋山さんのアナザーストーリーないんだねー。ビックリした!

ダンスバトルでもいいから秋山さんにもアナザーストーリーつけてほしかった・・・。


秋山さんが一番お金の入手に困るね。

資金稼ぎのために麻雀に手を出したら、色んな人から対戦を申し込まれて、秋山さんのアナザーストーリーは麻雀みたいになっちゃった(^^;

最初2万5000点から始めて、運が良い日にレートの高い勝負に挑んでたらあっという間に150万点以上勝っちゃったよ(;´Д`)

でもこれ運が良い日(占いのメールで通知がくる)だからだと思う。普通の日に勝負してもこう上手くはいかないと思う。

もう負けても痛くないから、次は普通のときに挑戦してみよう。


サブストで秋山さんがチャラいって言われてて笑った笑

チャラいよね!

男の衣装もウケ狙いばっかりじゃなくて、ちゃんとしたカッコイイ服装も増えてほしいよ!


気になっていた銀行員をクビになったエピソードは、サブストで完結しててちょっとガッカリだった(^^;

もっと本編に絡んでくるものと・・・。

でも最近の龍が如くは本編の方がオマケ的な感じはある(;´Д`)


あっ、あとカラオケ。

山ちゃん歌うめえええええええ!

歌も上手いなんて山ちゃんはズルイね。

920点とれた。


見参みたいな歴史物がまた出てほしい。

今度は秋山さんも主人公に加わった版がやりたいなぁ!

2012年12月17日 (月)

原発が安くて火力発電が高い、というのも印象操作されているところがある。

火力発電に使う石油を東電の子会社が、アメリカの9倍の値段で買っているからだ。

東電以外のところが電力市場に加わって、正常な価値観に治ってほしいものです。


311の時にネットでこんな書き込みをよく目にした。

「放射能を気にしている人は、タバコやお酒の方がよっぽど体に悪いよ」

???だった。放射能の影響を一番受けるのは赤ちゃんや子供だっていうのに、理屈が分からない。

これは原発に反対している大人を黙らせたいだけで、ハナから子供の言い分は考えていない発言だ。


ネットで原発に反対する人をバカにする書き込みも見るけど、そういう人は自分の地元に福島の瓦礫を受け入れることを賛成するだろうか?

食べて応援を実行するだろうか?

放射能の問題をたいしたことないと思っているならできるはず。

できないならとんだ二枚舌だ。

結局自分が被害を被らなければそれでいいんだ。

2012年12月14日 (金)

『龍が如く2』の実況

私が龍が如くにハマったきっかけは、トシゾーさんの実況を見てからでした。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5351245

登場人物みんなに思い入れがあって、今では大好きなゲームに。

龍が如くの話題になると、必ず「シェンムーの続編出せ」って言う人がいるのが気になる。

トシゾーさんもコメントで同じ事を言ってますね。

なんかめちゃくちゃ評価高いよね『シェンムー』。海外のゲームにも影響を与えたんだとか。GTAとか。

やってみたいけどドリキャス持ってないよ(;´Д`)

PS3でHD版とか出たりしないのかなぁ・・・?

とりあえず実況プレイでも見ようかな。


トシゾーさんの実況っておもしろいよね。

『メタルスラッグ』の実況も超オススメ。笑った!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8105597

作画スレでも前に神ドットゲームとしてオススメしていた人がいましたね。

エフェクトが気持ちよかった・・・。

2012年12月13日 (木)

Gロボの名作MAD

ついでなのでGロボの名作MADを紹介。

未視聴の人はネタバレ注意・・・!

お祭りGロボ
http://www.youtube.com/watch?v=-SJMNsZBwEw

制作者は、はじおうさんという方。

まだMADというものも珍しい頃の作品で、アニメ系のMADとしても名作。

このMADからGロボを見たという人も多数。

「はじおう」という名前は、『ミスター味っこ』の味皇とかけているのでしょうね。


Gロボ体操98
http://www.nicovideo.jp/watch/sm456569

こちらも、はじおうさん作のMAD。

GロボMADといえばこの2つをまずオススメしています。


あと、はじおうさんではないけどこちらも好きっ↓

警察機構よ、起ち上がれ!
http://www.youtube.com/watch?v=eXs46NT_Q_0

泣ける・・・(ノ_-。) 歌詞の良さがハンパねぇ・・・


あとこちらも単純にカッコ良くて好きっ↓

G4U
http://www.youtube.com/watch?v=Yyx7eWx50NM


あと曲がFF・・・いくつのか忘れたけど(^-^;このMADもカッコイイ↓

http://www.youtube.com/watch?v=OLBQIZ2I7ZE

Gロボは名作MAD多いよねぇ。

Gロボはどこを切り取っても作画MADになるという・・・(^-^;

2012年12月12日 (水)

『龍が如く5』第二部

第二部の主人公は冴島さん。

マタギたのしいいいいいいいいいいいいい!

今のところマタギが一番お気に入りかも(*´Д`)

クマこええぇ!!

慣れないうちはクマが難所だった。

弾丸避けるクマて・・・。

山の中でクマ2匹に囲まれたときの恐怖といったら・・・。文字通り命からがら下山した。

冴島さん銃より素手で戦った方が絶対強・・・、とか絶対にツッコんじゃダメだ(;´Д`)

クマとは常に一定の距離を保った方がいいね。

クマのモーションをよく覚えてヘッドショット。

今のところ熊狩りが一番儲かる気がする。


ストーリーも本編よりマタギの話が面白い気が・・・(;´Д`)

いや、まだクリアしてないんだけどね。

雪の中の集落のグラも雰囲気があって綺麗だったなぁ~! 自然描写もシリーズを重ねるごとに確実に良くなってる。


雪合戦のミニゲームはダメだ、死んだ\(^o^)/

飛び道具系はもの凄く苦手なんだよね・・・!

全然当たらない・・・。

ビギナーズクラスでも勝てない・・・。

木彫りの人形だけがどんどん増えていく・・・。

貰える商品ってなんなんだろう? レアアイテムあるのかなぁ?


サブストーリーの赤ずきんの子可愛かったけど、風俗店の真ん前に立たせてマッチ売らせてるところに、スタッフのドス黒い悪意を感じた・・・。

『龍が如く5』第一部

ここ数日はずっと龍如やってましたよヽ(´▽`)/おもしろ~い!

第一部の主人公は桐生ちゃん!

タクシードライバーけっこうおもしろかった笑

送迎ミッションがおもしろいと思ったんだけど、ミッション数はあんまり多くなかったなぁ。

会話イベントより、こっちを増やしてほしかった。

失敗しまくったけどね(;´Д`)

レースより送迎イベントの方が自分には難易度高かった。バックがないのはヒ~ド~い~。

レースは最後の直線で加速すればだいたい負けない。


ラーメンのミニゲームは、一回目が一流職人で、二回目で麺王取れた!

ミニゲームが苦手な自分にとっては良い成績(*゚ー゚)

でも麺王になっても貰えるお金が増えるだけで、そんなに良いことないのかな。


キャバ嬢のシステムは今回かなり良くなったと思う。

前作まで人数が多いし途中からどうしても作業になってしまったんだけど、今作は臨場感があって良い。

会話選択の理不尽な難易度も緩和されてた。

りくちゃんかわええ~(*´Д`)

龍如のキャバ嬢は良い子が多い気がする。だまされてるのかなぁ?

キャバ攻略、とりあえずドンキホーテで男用の香水買って装備するよろし。

どうでもいいけど、ドンキにメイド服が置いてないことに衝撃を受けてしまった。

あのシステムけっこう好きだったのになくなっちゃったか(^-^;


バトルアクションのモーションは前作よりなめらかになっていて気に入りました!

街でのエンカウントの入り方もスムーズになっていて良かった。

ただ建物に入るときロードを要するゲームなので、そこはちょっとストレスかも。

でもOTEに比べたらロード時間短いかなぁ・・・? どうだったっけ?


川越シェフ、私も桐生ちゃんと一緒であんまりテレビ見ないから知らなかった。

ニコニコで公式動画見てたら、川越シェフに対するコメントがヒドかったけど(^-^;

ウザキャラが売りなのかな?

川越シェフ、今後レギュラー化するのかな? 食事強化が便利すぎる・・・!!

チート並。

食事コンプリートにも便利な機能だなぁ。


街の作り込みが相変わらずスゴイ!

ただその代わり通行人が超邪魔(;´Д`)

こんなに通行人が邪魔に感じたのは今作が初めて。

2012年12月 7日 (金)

忘れる脳

前のブログで書いた記事で大きな間違いを発見する。

ちょっとの間違いなら訂正するけど、勘違いした上おもいっきり的外れなこと言ってると恥ずかしくて指摘したくないんだよね!

その記事を書きなおすときに何くわぬ顔で直しておこう・・・。

過去を振り返ってみると、色々間違いたくさんしてきましたが、時間経過と共になかったことにしていく、そういうブログですので・・・。

2012年12月 4日 (火)

『American Pop』(1981)、『クールワールド』(1992)

ロトスコープで有名な作品といえばこれ、『アメリカン・ポップ』。

見る前にウィキペディアなどであらすじを確認しておくといいかもしれません。

監督はラルフ・バクシ。パレスチナ出身のアメリカのアニメーター。

WEBアニメスタイルでも何人かの方がバクシの作品を紹介しておられるので、そちらの方を参考にしてください。

私は後半、子供がいきなりたくましくなるところからがおもしろかった。

変わりすぎだろ・・・!ってツッコミたくなるけど、あの極端な感じが良かった笑

逆に父親を守っているところに萌えました。


それからバクシの作品だと、『クール・ワールド』のホリーさんのダンスシーンが好きです。

とにかくホリーさんがエロくてかわいい。

お話はそんなにおもしろいものじゃなかったから期待しちゃイカン。

ホリーさんのダンスと音楽のカッコ良さを楽しむ作品。

この作画が凄いっていうのもあるけど、このダンスを踊ってる中の人も凄いよね。セクシーダンスなんて見たことないんだけど、ホントにこんな感じなのかな? 見比べてみたいです。

ロトスコの作品ですが、『アメリカン・ポップ』や『ファイアー&アイス』なんかと比べるとロトスコ成分は薄いように思いました。

まずホリーさんの顔やスタイルがディフォルメされた絵だし、アニメっぽい動きをするところもある。女の子以外のキャラは本当にアニメアニメした動きで動きます。

主題がアニメの世界に入り込むというものなので、むしろアニメっぽさを前面に出していますね。

『アメリカン・ポップ』のリアルな女性と比べると、腰がきゅっとくびれて、胸とおしりが出たホリーさんのプロポーションとの違いがよく分かると思います。

肩幅は変えてないと思うけど。肩幅変えるとロトスコは難しよね・・・?

2012年12月 2日 (日)

赤字

原発が本当に儲かる媒体なら、世界だってまだ原発を続けているだろうなぁ。

原発も老朽化してきて、得られる利益よりも維持管理費の方が高くつくようになったから止める方向性になったんだろう。

その辺海外はシビアで合理的だ。

事実こうやって事故が起こってしまってからは、賠償や除染費用で赤字赤字大赤字。

その赤字をまた原発で取り戻そうとしている。

こんなことを続けていればいつかまた事故がおきる。その時にどう責任を取るの?

アトムの動力は原子力だ。あの頃は原子力に夢を見ていた。

原子力が絶対のエネルギーだった時代は終わったんだ。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ